ピアノ買取

ピアノ買取業者一覧と買取時の基礎知識

 ピアノ買取100は、ピアノ買取の基礎知識をはじめ、買取時のポイント、Q&A、ピアノ買取業者選びのポイント、買取業者一覧などピアノ買取に関連する情報サイトです。

ピアノ買取業者の登録数:40

 ピアノ買取一覧
 

 

 
ピアノ買取100

ピアノ買取100は、都道府県・市町村別にピアノ買取を検索可能

 

便利なピアノ買取一括査定サイト

 
ピアノ買取センター

ピアノ買取センター

ピアノ売却・ピアノ査定ならお任せください。
ピアノ買取センター
 ピアノ買取センターのサービスは全て無料です。多数の参加会社を一度に比較できるので納得のいく査定ができます。不要になったあなたのピアノを買取って欲しいとき、複数の買取業者へわざわざ確認する必要なく簡単にウェブ上で査定が可能になります。総査定依頼数17万件突破!!
ピアノ買取登録業者
島村楽器、青葉ピアノ、冨田ピアノ、河合楽器、ピアノリサイクルシステム、エルフラット、にぐるまサービス、石田ピアノ調律プロモーション、ノタヤ楽器、ピアノ工房関西、三木楽器、宮崎ピアノ、サンミューズ、ピアノプラスドットコム、富士楽器、ドリーム、グランドギャラリー、モーツァルト
 
引越し侍のピアノ買取

引越し侍のピアノ買取

全国のピアノ買取業者から一括査定。1番高い買取価格かすぐ分かる。
引越し侍のピアノ買取
同じピアノでも、買取業者によって査定額に差がでます。ピアノを少しでも高く売りたいなら、引越し侍のピアノ買取無料一括査定サービスを。複数業者の査定料金を比較することにより、あなたのピアノが最高額で売れる業者が見つかります。
ピアノ買取登録業者
ドレミ楽器、三木楽器、ピアノプラザ、エルフラット、ピアノリサイクルシステム、ピアノ工房関西、ピアノサービスセンター那覇、ピアノブリッジ横濱、九州ピアノセンター、富士楽器、グランドギャラリーピアノ買取センター、ユニオン楽器ピアノパワーセンター、ノタヤ楽器、浜名ピアノ工房、ドレミファ急便、塩塚総合商事、ぴあの屋ドットコム
 
ズバットピアノ買取比較

ズバットピアノ買取比較

ピアノ買取業者27社から無料一括査定のズバットピアノ買取比較。
ズバットピアノ買取比較
 ピアノ買取業者27社による無料一括査定で、不要なピアノの査定額が比較できます。お住まいの地域に合わせて、親切で安心できる業者をご紹介します。各社の買取額をじっくり比べて、一番高く買い取ってくれる業者を選びましょう。
ピアノ買取登録業者
キノシタ楽器、佐藤ピアノ運送、仙台ピアノ工房、中信商事、ハルナ楽器、モーツァルト、阪神ピアノ運送、ウエダ楽器、神奈川ピアノリサイクルセンター、ピアノブリッジ横濱、ピアノバンク、ミュージックギャラリー福岡、ドレミ楽器、ピアノコレクション、ジャパンピアノサービス、博多ピアノセンター、浜名楽器、ドレミファ急便、サンミューズ、グランドギャラリー、チバピアノ、ピアノ工房関西、三木楽器、ユニオン楽器
 

ピアノ買取一括査定サイトの比較

 

 

 

 

ピアノ買取一括査定

サイト名 ズバットピアノ買取比較 引越し侍のピアノ買取 ピアノ買取センター
運営会社 ウェブクルー 引越し侍 SBIライフリビング
サービス開始 2003年11月 2014年11月 2006年
ピアノ査定料金 無料 無料 無料
ピアノメーカー ヤマハ
カワイ
その他
ヤマハ
カワイ
その他
ヤマハ
カワイ
その他
査定対象ピアノ アップライトピアノ
グランドピアノ
電子ピアノ(一部)
アップライトピアノ
グランドピアノ
電子ピアノ(一部)
アップライトピアノ
グランドピアノ
電子ピアノ(一部)
対応地域 全国 全国 全国
登録ピアノ買取業者数 21 17 19
最大一括査定可能数 5 5 5
累計利用者数 18万人 非公表 17万人

ピアノ買取参加業者一覧

青葉ピアノ - -
石田ピアノ調律プロモーション - -
ウエダ楽器 - -
エルフラット -
河合楽器 - -
キノシタ楽器 - -
九州ピアノセンター - -
クシダピアノ - - -
グランドギャラリー
佐藤ピアノ運送 - -
サンミューズ - -
塩塚総合商事 -
島村楽器 - -
ジャパンピアノサービス - -
チバピアノ - - -
中信商事 - -
冨田ピアノ - -
ドレミ楽器 -
ドレミファ急便 -
にぐるまサーピス - -
ノタヤ楽器 -
博多ピアノセンター - - -
浜名楽器 - -
ハルナ楽器 - -
阪神ピアノ運送 -
ピアノ工房関西ピアノコレクション
ピアノサービスセンター那覇 - -
ピアノサービスノダ - - -
ピアノハウス - -
ピアノバンク - -
ピアノプラザ -
ピアノプラスドットコム - -
ピアノブリッジ横濱 -
ぴあの屋ドットコム -
ピアノリサイクルシステム
フカノ楽器店 - -
富士楽器
プログレス - - -
三木楽器 -
宮崎ピアノ運送 - -
ミュージックギャラリー福岡 - - -
モーツァルト - -
ユニオン楽器 - -

ピアノ買取一括査定の「ズバットピアノ買取比較」と「ピアノ買取センター」共に、
それぞれピアノ買取参加業者が異なりますので、
2サイトにそれぞれ一括査定依頼すると更に高値になる可能性もあります。

 

主なピアノの種類

アップライトピアノ

現在、最も一般的な縦型ピアノです。日本国内の家庭用ピアノとして広く親しまれています。
 

グランドピアノ

学校やコンサートホールなどにある大型ピアノです。
 

電子ピアノ

スピーカーから音が出る電子楽器。電化製品としての位置づけであるため、買取業者は多くはありませんが、価格面からも買取する業者があります。
 

ピアノ買取について

ピアノ買取100とは?

 ピアノ買取100は、ピアノ買取の基礎知識をはじめ、買取時のポイント、Q&A、ピアノ買取業者選びのポイント、買取業者一覧などピアノ買取に関連する情報サイトです。
 

ピアノ売却のきっかけ

引越を予定している
電子ピアノ・エレクトーンへの買い替えを予定している
ピアノが不要になった
別のピアノへの買い替えを検討中
別のピアノへ買い替えた
 

使わなくなりつつあるピアノ

 女の子がいた家庭などでは、ピアノを購入して小さいころからピアノを習わせていた、という事が多いようです。ですが、子供が大きくなるにつれ、徐々にピアノを弾く機会が少なくなり、成人した頃にはほとんどピアノを使わなくなるという事が多くなるのです。

 ピアノを弾いている時は気にならないものですが、いざ使わないとなると結構家の中で邪魔になってきたりします。大きい一戸建ての家庭ならまだいいですが、それほど広くないマンションやアパート暮らしになると、ピアノをなくせばもっと広く使えるのに、なんて思ったりもします。もちろんその子供にもさらに子供が生まれれば、ピアノを使い回しするという事もありますが、そうでない場合には飾っておくよりも処分してしまった方がいいです。

 もちろん、処分となると、解体費用や処分料などがかかってしまいます。ピアノの場合、よほど古いピアノ、修理しても使い物にならないようなピアノでなければ、買取をしてくれる業者があります。買取価格というのは製造年やメーカー、程度によっても異なりますが、処分料を支払うくらいなら、買取をしてもらった方がいくらでもお金が貰えますから、そのほうがいいです。また気持ちの面でも、長年愛用して愛着のあるピアノが解体されてしまうというよりも、買い取ってもらって、修理をしてどこかの女の子がそのピアノを大切に使ってもらったほうが嬉しいものです。

 ピアノ買取業者は、最近は多くなってきています。買い取り業を専門としている業者もありますし、ピアノを販売している業者が買取をおこなっているという場合もあります。どこがいいのかは一概には言えませんが、いろいろな業者に見積もりを取ってもらって比較してみてもいいです。その中で買取査定が高いところを選ぶのもいいです。ですが中には、買取査定額は高くても、実際引き取りに来てみたらキズや汚れがあるとか、文句を言って結局大幅に買取額を下げるところもあるようです。そうならないためにも、買取業者はしっかり見極めるといいです。また買取に関していくつかポイントがありますので覚えておくといいです。

 

ピアノ買取とは?

 子供が大きくなったために、今まで使っていたピアノは弾かなくなってしまった。引越し先はピアノを置くだけのスペースが無いという時には、ピアノを手放す事を考えるものです。せっかく高価なピアノなのですから、ただ粗大ゴミなどに出したり、処分したりするのはもったいないです。そんな時にはピアノを買い取ってもらうという方法があります。
 ピアノ買取とは、専門のピアノ買取業者、または楽器屋さんなどに今持っているピアノと引き換えに、そのピアノの買い取り代金をもらうということです。そのため、ただ捨ててしまったり、処分料を支払って処分してもらうよりも当然お金が手に入りますからメリットが大きいです。しかも買取価格というのは一律ではなく、いつ作られたピアノなのか、どこのメーカーなのか、傷のあるなし、程度はどうなのかによっても大きく異なります。それだけでなく、買取業者によっても査定額は大きく異なってくるのです。同じように買取してもらうのですから、出来るだけ高く買い取ってもらいたいものです。買取の際には必ず買取業者の査定を受けることになります。よほど程度が悪くなければ、電話での査定額で決定してしまう場合もあります。ピアノというのは、引かない期間が長いと調律しなければまともな音は出ないものですが、それ以外は大きな差はありません。そのため電話でもOKなのです。
 もし、実際に見て査定するという場合には、ピアノは綺麗に磨いておいたりするといいです。大きな差はないかもしれませんが、査定員の心証は少なくてもいいですから、もしかすると少しは高く見積もってくれる可能性はあります。
 まずは、いろいろな買取業者がありますから、買取価格を聞いてみるといいです。
 

ピアノ買取の流れ

 ピアノを買取してもらいたいけど、何から始めればいいのか分からないという人がいます。ではピアノ買取の流れを簡単にご説明いたします。

 まず、ピアノを買い取ってもらうためには、買い取ってもらうピアノがどのような状態なのかを買取業者にチェックしてもらわなければいけません。そのため買取査定を依頼しなければいけません。そのためにもまずは申し込みをしなければいけません。電話での見積もりも出来ますが、最近では多くのピアノ買取業者でインターネットで申し込み・査定をしてもらう事も出来ます。またサイトによっては複数の業者に一度に見積もりをもらえる一括査定というのもありますので、利用してみるといいです。申し込み・査定をしてもらう際には、自分のピアノのメーカー、品番、製造番号などを伝えなければいけませんので、その前にはしっかり確認しておく必要があります。これだけで査定額がわかる場合もありますが、本当に確実な査定額を知りたい場合は出張見積もりに来てもらうといいです。そうすれば、当日にキズや汚れがあるとしてその査定額からマイナスされてしまう危険性も少なくなります。また、立地条件によっては、運搬料が高くなってしまう事もありますか ら、そういう意味でもきてもらうといいです。

 そして、その査定額で納得した場合には、引き渡し日を決め、ピアノを引き取ってもらいます。そして、買い取り代金ですが、後日振り込みというところや、その日にドライバーから受け取るという場合もあります。

 

ピアノ買取の相場

 実際、自分のピアノがどれくらいの買取価格になるのかというのは重要なところです。ですが、実際は買い取り業者によってもその価格は若干変わってきます。もし1社のみに買取を依頼する場合には、その価格が妥当なのかどうかもわからないものです。買取してもらってから、一般的にはもっと高値で買い取ってもらえるはずだったというのであれば損をした気分になります。

 そのためにも、自分のピアノの相場というのを知っておいた方がいいです。だいたい、一般家庭で購入するピアノというのは、学校の音楽室にあるようなグランドピアノではなく、コンパクトなアップライトピアノだと思います。アップライトピアノといってもメーカーはさまざまで、しかも同じメーカーでもモデル(型式)によっても変わってきます。

 たいていはヤマハかカワイのアップライトピアノだと思いますが、だいたい買取価格は2〜40万円位の幅があります。多くの人がピアノを売るという場合、最低でも10年は経過しているピアノだと思いますので、10万円位かと思われます。そしてだいたいは20〜30年経過してから買取してもらうという事が多いですので、そうなるとそれ以下になります。どちらかというとヤマハの方がカワイよりも2〜3割ほど高くなる傾向にあるようです。もし、マイナーなメーカーのアップライトピアノの場合、20〜30年ものになると、値段がつかない事がほとんどのようで、逆に処分料が取られてしまう可能性もあります。もしそんなケースでも1万円でも買い取るという業者があれば売ってしまった方がいいかも知れません。

 このように相場はある程度決まっていますから、それを参考にして買取業者を決めるといいです。

 

ピアノの製造番号・モデルの見方

 ピアノの買取査定をしてもらう際に重要になるのは、メーカー、製造番号、モデル、ペダルの数などです。直接自宅に来て査定してもらう場合には、査定員が見ますから知らなくても構いません。ですが電話やインターネットでの査定の場合にはご自分で確認して伝えなければいけません。

 まず、ほとんどの人が知っているであろうメーカー名は、たいてい鍵盤をあけるとそこに書いてあります。日本の場合にはおそらくヤマハ(YAMAHA)やカワイ(Kawai)です。その他にはドイツのスタンウェイ(Steinway&Sons)・ベヒシュタイン(Bechstein)、オーストリアのベーゼンドルファー(Bosendorfer)が世界三大ピアノと言われていますから、これらを持っている人もいるです。

 次にモデル(型番)と製造番号ですが、それはアップライトピアノの天屋根のふたを開けてみると中に金色の本体右側または中央付近に刻印されています。モデルというのはアルファベットと数字で書かれているもので、例えばYAMAHAの場合は【U10WN】などのような感じで刻印されているものです。そして製造番号は6〜7桁の数字で、モデル(型番)とともに刻印されており【1234567】というような感じです。

 そしてペダルの本数も伝えなければいけません。ペダルの本数は最近のものなら3本が一般的ですが、古いものでは2本という場合もあります。これによっても査定額が違ってくるのです。

 こういったメーカーや製造番号がわからなければ査定のしようがありませんので、どこにあるのか最初に確認しておくといいです。もし、どうしてもわからないという場合は、そのピアノのメーカーに問い合わせをしてみるか、直接買取査定に来てもらうほうがいいです。

 

買取されたピアノのその後

  長年、愛着を持って弾いてきたピアノを手放すというのは悲しいものがあります。そのため、買取した後のピアノがどうなってしまうのかというのも気になるところではあります。 もちろん、買取業者によっても買い取ったピアノの行方は違っています。

 自社工場を持ち、販売ルートもしっかりしている買取業者の場合は、お客さまから買い取ったピアノは、自社工場にて細かいキズの修理、調律をおこない、状態を良くして独自の販売ルートで販売します。

 販売ルートが確立している買取業者の場合は、日本国内だけでなくアメリカやヨーロッパ、中国、東南アジアの各国へ輸出をおこなっているのです。それほど販売ルートが定まっていないところでは、自社工場で修理をおこない、店頭で売るという場合もあります。またあまりメジャーではない業者や悪徳業者の場合には、安く買取をして、他の買い取り業者に買い取ってもらい、その差額で儲けるというところもあります。

  ですので、自分のピアノは、日本国内だけでなく、もしかすると外国の子供たちが使っているかもしれません。

  こういったピアノの行方で、買い取り価格というのも変わってきます。独自の販売ルートがあれば、すぐに売りさばくことができるので、買取価格も高い傾向にあります。自社の店頭販売をしているところだと、売れなければ儲けが出ませんから、そういったリスクも兼ねて、若干買取価格も低くなります。また、ピアノを転売しているような業者は、当然ですがかなり安く買い取りしています。

 

各種情報サイト一覧

引越の王様
引越の王様は、引越業者の一覧をはじめ、引越時の必要な手続きや手続き、見積の依頼と契約、プランの比較と費用の内訳、引越前後のマナー、引越トラブル解決方法、格安引越の方法など引越の情報サイトです。
リサイクルショップ100
全国各地にあるリサイクルショップの検索サイト。都道府県・市区町村別に一覧化しているのでお住まいの地域に合わせて最寄のリサイクルショップを検索可能です。
金・プラチナ買取店ガイド
全国各都道府県にある金買取、プラチナ買取、貴金属買取の専門店検索ガイド。金買取・プラチナ買取・貴金属買取の専門店検索に最適。
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
 
 

 

 

ピアノ買取についての基礎知識

ピアノ買取の際のポイント

ピアノ買取一括査定
綺麗に磨く
付属品を保管しておく
引越前にピアノ買取してもらう
出張査定に来てもらう
ピアノ買取の相場をチェック

ピアノ買取に関するQ&A

調律はしておいた方がいい?
修理はしておいた方がいい?
ピアノの運び出しは手伝った方がいい?
留守時に持って行ってくれる?
ピアノ運搬料は一律?
値段の付かないピアノはどうする?

避けたいピアノ買取業者

電話査定よりもかなり低く査定される
ピアノの運搬料をとられる
逆に引き取り処分料を取られる
出張査定・見積もりでお金を取られる

買取価格ダウン・買取不可になるケース

ピアノメーカー
水没・水濡れ
破損・腐食
製造年月

ピアノ買取業者選びのポイント

ピアノ買取業者の評判・口コミ
買取価格・査定価格
買取業者の印象
大手買取メーカー
自社販売・修理が可能
 

ピアノ買取業者の一覧

ピアノ買取業者

北海道
モーツァルト
青森県
チバピアノ
福島県
にぐるまサーピス
東京都
青葉ピアノ
河合楽器
島村楽器
富士楽器
埼玉県
キノシタ楽器
佐藤ピアノ運送
ジャパンピアノサービス
浜名楽器
ユニオン楽器
神奈川県
エルフラット
サンミューズ
ピアノプラスドットコム
ピアノブリッジ横濱
ピアノリサイクルシステム
プログレス
千葉県
中信商事
ピアノプラザ
茨城県
クシダピアノ
群馬県
石田ピアノ調律プロモーション
長野県
ウエダ楽器
ノタヤ楽器
ピアノハウス
愛知県
グランドギャラリー
ドレミ楽器
静岡県
冨田ピアノ
ピアノサービスノダ
大阪府
ピアノコレクション
ピアノバンク
三木楽器
兵庫県
阪神ピアノ運送
ピアノ工房関西
京都府
ぴあの屋ドットコム
広島県
ドレミファ急便
ハルナ楽器
福岡県
九州ピアノセンター
博多ピアノセンター
フカノ楽器店
ミュージックギャラリー福岡
長崎県
塩塚総合商事
宮崎県
宮崎ピアノ運送
 

 

 
 
 

 

 

ピアノ教室jp

 
 
ピアノ買取100について
・ピアノ買取100は、ピアノ買取の提供を目的としています。ピアノ買取のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ZETTA SEGMENT 

ピアノ買取100

ピアノ買取100は、ピアノ買取の基礎知識をはじめ、買取時のポイント、Q&A、ピアノ買取業者選びのポイント、買取業者一覧などピアノ買取に関連する情報サイトです。
運営組織概要 免責事項
 
 

Copyright (C) 2012-2016 ピアノ買取100 All rights reserved.